ドールが喋る表現ひたすら続きます

また設定的に少々パラレルっぽいです


ルイス→世界に絶望している閉じこもりの少年
クララ→謎の少女

こちらの設定を前提にして続きお読みくださいm(__)m

mix387.jpg

続きからどうぞ








世界はドロドロに汚れきってしまっている

こんな汚い世界へ僕は飛び立ちたくなどない

mix386.jpg

ならいっそ、この狭い鳥籠の中で一生を終えた方がずっとマシだ

こんな世界に希望なんてありはしない

あるのは絶望だけだ






mix388.jpg






「!」

mix389.jpg








「・・・・・・誰ですか?あなたは?」

mix390.jpg




絶望していた僕の前に現れたのは、見知らぬ一人の謎の少女




「こんにちは。初めまして。」

mix391.jpg

その声はとても優しく、触れたその掌はとても温かく、






その笑顔は陽だまりのように眩しかった

mix392.jpg






「わたしはあなたを連れ出しに来ました。ここから一緒に出ましょう?」

mix393.jpg

「僕は世界に絶望しています。あんな醜い世界に生きていくなんて嫌です。僕は一生ここにいます。」






「確かにあなたの言う通り、世界は汚くて醜くて絶望にあふれているかもしれない・・・」

mix394.jpg

「でもね、絶望があれば希望だってあるんですよ。」






「喜びがあれば悲しみもある・・・いつだって全てが上手くいくとは限らない・・・」

mix395.jpg

「でもね、それが生きるという事なんですよ。」






「人はそれを乗り越えて少しずつ少しずつ学んで強くなっていく」

mix396.jpg

「人は成長できるんですよ」






「あなたは何を恐れているんですか?傷つくことを恐れているんですか?汚れる事を恐れているんですか?」

mix397.jpg

「確かに生きる事は傷つき、汚れていく事も意味するかもしれない・・・でもね」






「怖がらなくて大丈夫ですよ。わたしが一緒にいますから。」

mix398.jpg

「あなたが傷ついた時はわたしが治してあげます。だって人は支え合って生きていくものだから。」





「さあ、だから勇気を出して、ここから一緒に出ましょう?」

「・・・・・・っ・・・・・・」

mix399.jpg

優しい声でそう言った少女の手を僕は取る






僕は鳥籠を出た

少女の手に引かれて

mix400.jpg

世界はとても広くて眩しくて、そして醜くて・・・

それでも僕は生きていく

自分の信じた道を見据えて生きていく


**********


某ゲームの一枚絵をイメージして取った写真なのですが・・・

実際に撮ってみたら、その一枚絵とは雰囲気がかなりかけ離れ、開放的な写真になりました(笑)

全ての原因はクララのニコニコ笑顔\(^O^)/

なんかよくわからないけれど、ニコニコしていて母性本能絶好調でした☆


拍手よろしくお願いします!

web拍手


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

夢見る小鳥

ウィッグ富豪

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿




trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。