お迎えしてましたwww

キトリお迎え直後に。。。

すなわち6月に・・・

diana1.png

3ヶ月も隠し子でしたが、ようやっとお披露目です

※設定文章・ドール独白文章あり 閲覧注意








私の名前はダイアナ・スワン

公爵貴族スワン家の次女にして、キトリ・スワンの妹

・・・・・・でした

diana8.png


悪夢は従兄である第一王子の来訪から始まりました

王子は私を我がものとするために、抵抗したお兄様を剣で刺し、

あろうことかお姉様にまで剣を向けたのです

私に選択の余地などありませんでした

あっという間に愛する家族と引き剥がされ、私は王城の隠された部屋「天使の籠」へ幽閉され、

第一王子の許嫁として軟禁生活を送る事となりました





だけど、ある日、天使の籠にやってきたキトリ姉様が約束してくれたのです

「心配しないで、お姫様。あなたのことは必ず私が助け出してみせる。」と

美しい銀色の長い髪をバッサリと切り、お兄様の服を着たお姉様のその姿はまさに王子様と呼ぶに相応しいものでした

diana5.png

王子様のようになってもその美しさは健在で、心もまた清らかで穢れ無き優しいキトリお姉様

誰もが羨む存在であり、私の自慢のお姉様

信じております あなた様が必ず、私をここから救い出してくれるその日を・・・

私はその日が来るまで、どんな苦しみにも耐えてみせましょう



*****



ここだけの秘密・・・私達貴族・・・すなわち王族の血を引く者はちょっとした不思議な力があります

ある者は風を通じて遠くの音が聞こえたり、

ある者は目に見えぬモノが見えたり・・・

力の大きさも種類も人によって様々

最近では貴族であっても能力が開花しない者もたくさんいました

diana6.png

だけど、私には不思議な力が小さい頃からありました

それは人の心を読む力

人の心を覗くなんて感心しないと思って、力を使わないで生きてきましたが・・・

私を手にするために、お兄様を殺め、お姉様にまで手にかけようとしたこの王子の真意がわからなくて、

こっそり力を使ってみたのです





驚いた事に、この王子、恐るべき力を開花させていました

王子の力があまりに強く、私の力では全ての真意を覗くことができませんでしたが、

一つだけはっきりとした真実が分かったのです

diana9.png

この王子の真の狙いは私ではなく、キトリ・スワン

私のお姉様だったのです





お姉様があの王子に狙われている・・・!

その恐ろしい真実を知った時、背筋が凍りそうになりました

diana4.png

だけど、私は囚われの身の姫・・・私は人質なのです

王子はお姉様を確実に手に入れるために私という人質を手にし、

お姉様が決して逆らえない最悪の状況を作り出したのです





私のせいでお姉様が・・・!

お姉様に真実を伝えれば状況は変わるのでしょうか?

いいえ、あの狡猾な王子ならばそれを見越しているに違いないでしょう・・・!

diana3.png

ああどうか・・・私の大切なお姉様を守ってください・・・!

涙ながらに祈りました

ああどうか・・・!

どうか・・・っ・・・!





「ねえねえ、ダイアナ、私の憧れの少年バイオリニスト覚えてる?

 彼がね、またバイオリンのコンサートに出るようになってくれたんだぁっ!

 今度、コンサート観に行くの!楽しみ!」





そうお話していたキトリ姉様の顔は王子様などではなく、まさに恋する少女のお顔でした





あなたに頼ることはすなわち、迷惑をかけてしまう事になるかもしれない

だけど、キトリ姉様が恋したあなたなら、籠の中でしか生きられない私にとって唯一信じられる人でしょう

どうか届いて 私の祈り

diana2.png

私は天使の籠から強く願った・・・





私の祈りを受け取った者が現われるのは、そのすぐ後のこと・・・

diana7.png

このお話の続きは・・・また話す時が来るその日まで・・・



**********



あとがき

・・・というわけで、改めまして晴れて隠し子卒業となりました!

我が家の新人トッピことダイアナでございます♪

diana10.png

キトリをお迎えする前から、キトリの兄妹についての設定を考える内に、

どうしても妹をお迎えしたくなり・・・の、この有り様www

まさにドールがドールを呼ぶ現象再び(どころじゃない数やらかしているよね自分www)



とりあえずダイアナに関する現在の目標

脱トッピデフォ!←←←

未だに我が家では珍しいデフォ愛用者



拍手よろしくお願いします!

web拍手


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

ミクにお友達ができました

恋を知らないウサギの誕生日

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿




trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。